日に焼けるまで~田舎の従姉弟と姉と弟~ 第4話のネタバレと感想

配信開始と同時にランキング首位を独占中!

 

チンジャオ娘・達磨さん転んだのコラボ最新作

 

「日に焼けるまで~田舎の従姉弟と姉と弟~」

 

第4話の感想を紹介します(ネタバレあり)

 

 

第3話では、ついに一線を越えてエッチしたタケルと涼音。

 

姉のセックスを目の当たりにしたヒロトも、

 

愛美をついに抱くわけですが…

◆第3話を確認する方はこちら

 

 

いやー待ってました!ついに愛美のおっぱいが拝める…(∪ω∪)

 

愛美推しにはたまらない回となってます!!

 

ティッシュの準備は必須(笑)

 

↓ネタバレを見ずに漫画を読みたい方は↓
↓画像をタッチ↓

 

 

第4話 ウチたちも…しよ?

 

「すず姉!」

 

涼音の中でイったタケルは涼音の口に舌を入れて激しくキス。

 

私…初めてだったのに…

全部…年下の従弟にされて…中にまで…

 

退屈しのぎの悪ふざけだったのに…と思う涼音だったが、

 

でも…これ…おち●ちん入れられながらキスされるの…

頭ぼーっとして…だめ…何も考えられないよぉ…♥

 

そして…もっとセックスしたいというタケルに頷き、

 

再び激しくキスをしながらセックスを始めてしまった2人

 

それを横目に

「わあすごい…また始めちゃった。エッチってそんな気持ちいいんかね」

 

「うん…」

 

と言いながら興奮し、オ●ニーを始めた愛美

 

そして

 

「ねえヒロくん。ウチたちも…しよ?」

 

 

豊満なエロボディの愛美とついに…

 

ヒロトの寝ていた布団にあおむけになり、脚を広げた愛美

横では激しく涼音とタケルがセックス。

 

今にも射精しそうなほど勃起したチ●コを、

 

愛美の割れ目に差し込もうとするも、

 

初めてなのでうまくいかないヒロト

 

「あれ…入らない…?」

 

「もうちょっと下んとこ…焦らんでもええよ?ヒロくん」

 

優しくリードする愛美。

 

先っぽを入れただけでもイきそうになる程、

 

あまりの快感に腰が引けそうになるけれど、

 

ゆっくりと穴の中に入れていき、

 

最後は滑り落ちる様に一気に奥まで挿入してしまった。

 

全部入っちゃった

 

「すごい…ヒロくんの大っきいの全部…ウチの中に入っちゃったね♥」

 

「ごめん…まな姉も…初めてなのに…」

 

「ううん大丈夫…全然…痛くなかったよ♥」

「だからもっと思いっきりしていいよ…涼音ちゃんたちみたいに♥」

 

そして激しく腰を動かすヒロト。

 

腰動かすたびに…頭がしびれて…何も考えられなくなる…っ

 

そして愛美も激しく感じる

 

「あん♥すごっ…すごいよぉ♥これがエッチなんだ♥

ヒロくんのがウチの中かき回してウチ…おかしくなっちゃいそう♥」

 

そして再会してからずっと見ていた愛美の大きなおっぱいに貪りつくヒロト

 

頭がおかしくなりそうなほどに感じる愛美。

「おっぱい吸われながら奥ぐちゅぐちゅされるの♥あたまのなかとけちゃいそうやよぉ♥」

 

愛美のマ●コが熱く絡みついてくるので、イきそうになるヒロト

 

そして豪快に中出し

 

「ヒロくん・・・気持ち良かったねセックスって♥」

「ふふ…涼音ちゃんたちもまだしてるし、ウチたちももっとしよっか?」

 

こうして4人は、初めてのセックスを体験した。

 

 

▽▼続きを読みたい方は画像をタッチ▼▽



 

日に焼けるまで~田舎の従姉弟と姉と弟~ 第4話感想

 

いやー今回もエロかった!!

…すぐ横にティッシュあってよかった…(笑)

 

涼音は年下のタケルにされるがままにされて、クールな涼音はいなくなりましたね。

 

ただあの涼音の感じた顔を見るだけでも興奮します。

 

あれだけで1回抜ける!!

 

 

そして愛美が優しくヒロトをリードしてくれるのがたまらん!!

 

そして方言を使っているほんわかした巨乳

という愛美の設定が絶妙です!

 

あれからあの4人は一晩中セックスしていたんかなぁ

 

まぁ、もうこれでセックスの気持ち良さを知っちゃったから、

 

次回からもっと大胆で激しいのが見られるのかな?

 

と、今から次の話を見るのが楽しみ!!

 

 

第5話を先読みしたいとしたら、BookLiveコミックがオススメです!

 

どこよりも早く、最新話を読むことが出来ますからね!

 

最新話をよむならBookLiveコミック
下の画像↓をタッチ!


 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA